ニキビイメージ

洗顔はすすぎまできちんとできてニキビのできない洗顔といえる

額の髪の生え際にできる吹き出物やニキビがどうしても気になって、つい触ってしまっていたのですが、汗をかいているせいかと夏の間思っていたのですが、冬になってもできるので、原因を考えて調べてみたのです。
そうすると、洗顔方法に原因があるのではないかと感じたので、まずは洗顔のときに注意するようにしてみました。
いつも洗顔フォームを泡立てられるネットで泡立てて、それをつけて洗っていたのですが、それだけで十分だと思っていたのに、洗い流すときに生え際にできるニキビの原因を作っていたようなのです。
洗顔したときに、泡がしっかりと洗い流されているかどうかを確認せずに、洗い流せただろう、という感じでタオルでふいていたのですが、それが原因のようでした。
まずは、洗顔フォームをしっかりと泡立てて、それを軽くぬらした顔にそっとつけて、優しく肌をこすらないように洗うようにしました。
あごのあたりにいつも吹き出物のようなものができているのもそれが原因なのかと思っていたのですが、それだけではなく、意識せずに洗っているものだから、そこをあまり洗っていなかったせいだったのです。
あごも優しく洗うようにして、顔がすっきりするように洗ったら、ぬるま湯ですすぐようにしました。
このとき、髪の生え際までしっかりとぬるま湯で洗い流すことで、生え際にできる吹き出物やニキビを治すことができたのです。
自分の洗顔方法であっている、と思っていたのですが、洗い方はあっていても、きちんとすすげていなかったので、ニキビや吹き出物ができていたのです。
それから、洗えていると思っていた顔全体が洗えていなかったところもある、ということもわかって、意識して洗顔することがとても大切なことなのだとわかりました。
洗顔方法があっていても、意識していないと、肌荒れは改善されないということなのです。
洗うときだけではなく、すすぐときにもしっかりとぬるま湯ですすぐ、ということができて、やっと正しい洗顔方法だということです。
その後は、五分以内に化粧水などで保湿をできるようにしていたら、額のニキビや吹き出物は少しずつですが、治っていったので、よかったです。
保湿もきちんとたっぷりとケアすることが大切です。

Copyright(C) 2010 肌を改善.com All Rights Reserved.