ニキビイメージ

悩みのニキビ対策について

ニキビはホルモンのバランスが乱れたり、皮脂分泌量の多い思春期によく出来てしまいます。
私の場合は、思春期はそれほどできなかったのですが、環境の変化なのかメイクをするようになったからなのかは分かりませんが20歳前後から出来てしまうようになりました。
まず女性の方にメイクをするなと言っても、なかなか難しいかと思います。
なるべくお肌にやさしいニキビの出来にくいタイプを選ぶようにしておりました。
以外と気を付けなければならないのが、ファンデーションのスポンジです。
汚れた面で何度も使用しているのは衛生的によくありません。
私は、ファンデーションのスポンジの面を上部分で一回、下部分で一回、裏と表を合わせて全部で4面を使ったら、中性洗剤で洗って新しいものを使用するようにしておりました。
アクネ菌は油分を栄養として繁殖すると言われておりますので、オイルタイプのクレンジングではなくて、ジェルタイプやミルクタイプなどのさっぱりしたものに変えました。
保湿はオイリー肌だからと言って乳液は使わない方がいらっしゃると思いますが、正しい保湿の仕方は水分による保湿と油分による保湿に両方が必要ですので、水分保湿をした後は軽く乳液でフタをしてあげるとよいです。
水分保湿だけですと、蒸発してしまいますのでお肌が潤いを与えようと皮脂分泌を活発にしてしまうのです。
お風呂へ入ったらシャワーだけで終わらせずに、お湯にゆっくり浸かって半身浴をするとデトックス効果があるのでおすすめです。
身体の中に老廃物が溜まって毛穴を塞いで詰まってしまうことで、炎症を起こしてニキビになってしまいます。
お風呂に入って毛穴を開いて汗をかくことで新陳代謝もアップしますし、血の巡りもよくなるのでぜひお試しください。
美肌のためには質のよい睡眠がかかせません。
夜寝る直前まで飲食をするのは避けて、ターンオーバーが活発になるのは午後10時から午前2時の間だと言われております。
成長ホルモンが分泌されるこの時間帯には眠るようにしましょう。
ニキビ対策のためには、顔が密着する枕カバーは汚れたままにせず、洗濯をするように心がけ、布団のシーツも清潔にしておくことがよいでしょう。

Copyright(C) 2010 肌を改善.com All Rights Reserved.