ニキビイメージ

思春期ニキビが劇的に治る方法

思春期ニキビ。
とても治りにくいものです。
しかし、少しきづかえば治すこともできます。
私が治した思春期ニキビの治し方を紹介します。
まず、朝は水で顔を洗うこと。
これはとても大切です。
洗顔は一日二回が良いとされています。
しかし、あまりにもたくさんの皮脂をとりすぎてしまうと、お肌には逆効果となってしまう危険性があります。
なので、朝は、水でよく洗い、清潔なタオルでふき取ることが大切です。
保湿として化粧水をつけるのもありですが、私はつけませんでした。
なぜなら、わたしはどちらかというとオイリー肌だったので、つけると保湿をしすぎてしまい、これも逆効果になってしまいます。
あくまでも、水での洗顔ですので、あまり保湿には気を遣わない方がよいと思います。
ただ、冬場の乾燥がすごいとき、またもとから乾燥肌のかたについては化粧水をつけることをおすすめします。
次に日中のお手入れです。
まず夏場ですが、夏は良く汗をかきます。
当然汗はでるので、ニキビを治したいのなら学校などでも水で洗顔をすることが一番良いです。
登下校、体育のあとなどはきちんと水での洗顔をし、清潔なタオルを使用してください。
また、よくある汗拭きシートなどを顔にも使う人がいますが、それだけは絶対に禁止です。
汗拭きシートは顔ではなく顔以外の腕、足、首などにつけるものですので、顔には使用不可です。
冬場のお手入れについて紹介します。
冬は皮脂についてはそこまで気にする必要はございませんが、乾燥については気にする必要がります。
乾燥をしてしまうと、お肌が余計な皮脂をだし、結果にきびの元となってしまいます。
なので、オイリー肌のかたも保湿はした方がよいです。
つぎに夜のお手入れです。
夜、お風呂に入るとき、泡での洗顔をします。
このときのポイントですが、面倒くさがらず、しっかりと泡をたてること。
泡がしっかりとたっていない状態での洗顔はニキビが喜んでしまいます。
なぜなら、泡立っていないと、泡に空洞が出来ていないため、毛穴の奥に密度の濃い泡が入りこんでいってしまいます。
はいりこんだ泡はなかなか取れにくいです。
水でもなかなか取れません。
ですので、泡をしっかりと泡立てて、毛穴を優しくケアする必要があります。
とはいっても、毎回の洗顔で泡をしっかり泡立てることは面倒です。
そこでおすすめなのが洗顔ネットです。
100均などで安価で手にはいります。
これを使うといつもの洗顔が数倍楽になります。
ぜひお試しください。
夏場などは、日焼け止めを良く塗ると思います。
塗るのは全然かまいません。
むしろ塗らないと、シミなどの原因になりますので、しっかりと塗ってください。
しかし、その分洗顔は入念に。
きれいに落としてください。
冬場は、洗顔をしたあとはなるべくはやく化粧水を塗ってください。
乾燥は本当に大敵です。
気をつけてください。
色々書きましたが、シーズンによってお手入れの仕方はかわってくるのでそれに合わせて、自分でも研究してみるのもよいと思います。
参考になったかわかりませんが、ぜひ活用してください。

Copyright(C) 2010 肌を改善.com All Rights Reserved.